部門のご紹介

リハビリ・PSW部門のご紹介

リハビリ・PSW部門について

従来、リハビリテーションは、罹患したり受傷したりした人々の急性期治療が一段落してからリハビリテーション医療を行い、治療が完全に終わってから福祉または社会リハビリテーション、職業リハビリテーションへという流れが標準的でしたが、効率的なリハビリテーションサービスを提供する立場から当院では包括的(または総合的)リハビリテーションを行っています。
これは、医療を受けている間でも可能であれば社会リハビリテーションや職業リハビリテーションなどを並行して受け、利用者の社会復帰が早期に実現するよう、リハビリテーションサービスの効率化を目標としたものです。

■作業療法

目標を持って作業や活動に参加することで、健康的生活を送るための準備、練習を行います。基礎的な機能訓練から、生活場面に適応させた動作訓練、社会復帰に向けた職業前作業療法などを通じ、心の安定や物事への意欲を導きます。患者様の回復過程に合わせていろいろなプログラム(手工芸,カラオケ,スポーツなど、その他,お花見会などのレクリエーションも主催)を実施しています。

作業療法 イメージ写真
■デイケア

外来治療を受けている方が、社会生活機能の回復を目的にひとり一人のメンバーに応じたプログラムに従って,グループごとに活動するリハビリテーション施設です。外来治療の一環として、通院または退院後の患者様などが、病院内の社会復帰センターで、芸術、スポーツ、レクリエーションなどを通じて、対人関係の改善、生活リズムの調整、自立した生活や社会復帰のために必要な練習を行います。
活動時間は祝日を除く月曜日~金曜日までの9:00~15:00の6時間で、毎日予定されたプログラムにより活動しています。

デイケア イメージ写真
■S.S.T療法

SSTとはSocial Skills Trainingの略で、日本語では「社会生活技能訓練」などと呼ばれています。対人関係を中心とした社会生活技能のほか、服薬自己管理、症状自己管理などの疾患に対することや余暇の過ごし方など日常生活技能を高めるために行うものです。

S.S.T療法 イメージ写真
■医療相談室

診療部門、看護部門と連携して、患者様や、家族の方から必要な情報を頂き、入院により生じた社会的、精神的、経済的な問題などについて、解決に向けてお手伝いをいたします。

医療相談室 イメージ写真