診療のご案内

入院のご案内

医師・看護師を始めとする専門医療スタッフが、
個々のお客様に合わせた治療計画に基づき、入院生活をサポートします。

入院のご案内

■入院の手続き

まず次の手続きを行ってください。

  • ①入院誓約(入院誓約書、入院同意書など)
  • ②預かり金管理に関する手続き(約定書)
  • ③精神保健福祉法にのっとった手続き 入院形態(任意入院、医療保護入院、措置入院)により異なります。
■入院時にお持ちいただく物
  • ①保険証・老人医療受給者証・後期高齢者保険証
  • ②印鑑(本人・保護者)
  • ③入院保証金(50,000 円)、預り金(1ヶ月分の目安として、25,000 円) 計 75,000 円
     ※領収証を発行します。
     ※保証金は退院時にお返ししますので、大切に保管してください。
     ※保険証(原本)を病院で預からせていただきます。提示のない場合には、医療費が全額実費となります。
      また、保険証に変更が生じた場合、速やかにお知らせください。

入院生活のご案内

入院時に必要なもの(洗面用具、下着類、上履きは売店でも販売しています)

  • ①衣類…普段着(3組以上)、下着(3組以上)、タオル、バスタオル等
  • ②洗面用具…歯ブラシ、歯磨き粉、コップ(プラスチック製)、石鹸、シャンプー等
  • ③履物…運動靴、上履き
  • ④その他…女性は化粧品、生理用具等 男性は電気髭剃り等
  • ※寝具(掛け・敷布団、枕)や食器は病院のものを使用します。
  • ※持ち物には必ず名前をご記入ください。
  • ※貴重品(お金、貴金属など)や危険物(刃物、マッチなど)の持ち込みは禁止です。
  • ※ラジカセ、携帯電話などの持ち込みは、担当看護師に相談してください。

お部屋のご案内

お部屋のご案内:イメージ1
お部屋のご案内:イメージ2
  • ●病室は、4人部屋が標準です。
  • ●個室の差額室(有料)も備えています。ご希望の方は医師または看護師にお申し出ください。ただし、空室がない場合はお断りすることがあります。
    ※ご希望により差額室(有料)を利用する場合は差額室料金が必要です。
    ※差額室料は、入退院日の時間に関係なく、入院日・退院日をそれぞれ 1 日として計算します。
    (例えば 1 泊 2 日入院の場合、差額室料は 2 日間分と して計算します)。
  • ●ご本人または他の患者様の病状等に応じて、病棟や病室あるいは病室内のベッドの位置を移動していた だく場合があります。ご協力をお願いします。

面会のご案内

  • ①午前 9:30 頃~午後 4:30 頃の間にお願いします。上記以外の時間の場合はご相談ください。
  • ②必ず外来窓口を通してご面会ください。
  • ③面会中の飲食は、治療の都合上、前もって担当看護師にご相談ください。
  • ④貴重品や危険物は決して渡さないでください。

外泊・外出のご案内

  • ①医師の許可が必要です。
  • ②外泊される際、ご家族の付き添いが必要です。
  • ③症状により、制限する場合があります。

電話・手紙のご案内

  • ①原則、制限されることはありませんが、治療上制限する場合があります。
  • ②手紙に異物が入っていると思われる場合は、こちらで中身を確認させていただくことや、一旦中身を預からせていただくことがございます。ご了承ください。

当院以外の医療機関を受診される場合は、ご家族の付き添いをお願いします。

入院治療の内容

入院後は安心できる医療サービスを提供し、社会復帰への働きかけを行っていきます。次のようなプログラムが あります。

精神療法 ・ 作業療法 ・ 医療福祉相談 ・ 薬物療法 ・ 生活指導 ・ 心理療法 ・ 服薬指導 ・ レク療法など

入院費用について

  • (1)費用は次の通りです。
     ①入院料(保険診療費) ②個々の入院生活にかかる費用(保険外費用)
  • (2)毎月 10 日前後に請求書を発行し、お手元にお届けいたします。
  • (3)お支払いは、毎月 15 日~月末までの間に、外来窓口にお越しいただくか、郵便振込でお支払いください。
  • (4)外来窓口の取り扱い時間は、午前 9:00 ~午後 4:00 です。土日祝も受け付けております。
  • (5)入院費用などのご相談には、ケースワーカーが対応いたします。お電話いただくか、受付に声をおかけください。

退院後について

退院が決まりますと、退院後の治療・生活について主治医等より説明があります。当院では退院後、次のような取 り組みを行っています。

  • (1)訪問看護
    病院職員がお宅を訪問し、日常生活上の問題の相談や、療養上必要な看護・指導を行います。
  • (2)外来作業療法
    作業療法プログラムを利用することで、生活リズムの調整・人との関わり方の見直し・生活範囲を広げることなど を共に目指し、地域社会での円滑な生活をサポートしていきます。
  • (3)デイケア
    病気の治療や社会復帰・社会参加を目的として、様々なグループ活動を行います。
  • (4)グループホーム
    住宅確保が難しい方へ一定の期間住居を提供し、地域社会での生活を支援します。

☆詳細は、主治医または担当看護師、ケースワーカーなどにご相談ください。

退院手続きについて

入院料、小遣い金、保証金の精算は、退院後 10 日前後でご連絡いたします。ご連絡後、以下のものを外来窓口までお持ちください。

①入院保証金領収証(紛失されますと返金できません。ご了承ください)
②印鑑

その他

当院以外の医療機関を受診される場合は、ご家族の付き添いをお願いします。住所、電話番号、保護者、保証人などの変更の場合には、必ずご連絡ください。