診療のご案内

小児精神科(児童・思春期)

お子さまが安心して受診できる環境を整えています。

子どもたちを取り巻く環境は昔と異なり、新しい種類のストレスにさらされています。また、核家族化が進み、大人もどう子どもに接していいのか迷いがちです。子どもの問題が全て精神医学的な問題というわけではありませんが、身の回りの人だけで考えても結論の出ないことも多いのではないでしょうか。小児精神科では、子どもの発達上の問題や心理的・精神医学的な問題を取り扱っております。

対象

児童思春期のお子さま(小学生以上18歳未満)
※中等度以上の発達障害の方については、現在お受けしておりません。

対象疾患

不登校、引きこもり、強いこだわり、眠れない、朝起きられない、気分が沈む、拒食、過食、注意力障害、多動、著しく落ち着きがない、対人恐怖(神経症、強迫性障害、摂食障害、統合失調症、気分障害、多動性障害 <AD/HD>、広汎性発達障害 < アスペルガー > など)

事例

診療内容

診療内容

子どもの心に関わる様々な問題について診療を行います。医師、臨床心理士、看護師などがチームを組んで診療にあたります。

【治療方針】

個人面接、行動療法、薬物療法などの外来治療を原則としますが、症状が強い場合には、入院治療を行います。(入院は原則個室です)また、入院中に利用できる学習室も設置されています。


【ショートケア】

医師、臨床心理士、看護師などがチームを組み、トークンエコノミーを用いた行動療法、対人スキル獲得のための集団精神療法、ワーキングメモリー向上のためのトレーニングなどを行っています。


【診療体制】

完全予約制です(ご予約がなければ受診できません)。

受診したい日の前日までにお電話または外来窓口で予約してください。

電話番号 0554-62-3355 【予約受付時間 : 9:00~16:00 (日曜・祝祭日・年末年始を除く)】